\【Amazon】新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで/

【違い】MX KEYS Sは旧型MX KEYSから何が変わった?

記事内に広告が含まれます。

Logicoolのハイエンドキーボードの「MX KEYS」が、新型「MX KEYS S」にモデルチェンジして登場。

見た目としては新色が追加されただけのようにも見えますが、いくつか異なる機能があるので、この記事では新旧モデルの違いをまとめました!

この記事でわかること
  • 「MX KEYS S」の旧型モデルとの違い

新機能として紹介されたマクロ登録機能「Smart Actions」については、「Logi Options+」のアップデートで、MXシリーズの旧型モデルでも対応できるとのことなので、この記事には含めませんでした。

目次

新型「MX KEYS S」と旧型「MX KEYS」の違いを比較

MX KEYS SMX KEYS
ペアリング台数3台3台
接続Bluetooth
Logi Bolt USBレシーバー
Bluetooth
Unifyingレシーバー
バッテリー内蔵バッテリー
最大10日間持続(バックライトあり)
最大5ヶ月持続(バックライトなし)
内蔵バッテリー
最大10日間持続(バックライトあり)
最大5ヶ月持続(バックライトなし)
サイズ
高さx幅x奥行
131.63×430.2×20.5mm 131.63×430.2×20.5mm
重量810g810g
カラーグラファイト (KX800sGR)
ペイルグレー (KX800sPG)
グラファイト (KX800)

まずは簡単に表に違いをまとめました。

変更された箇所を赤文字にしています。

【違い1】一部のキーが絵文字キーやミュート設定キーに変更

新型「MX KEYS S」※引用元:Amazon
旧型「MX KEYS」※引用元:Amazon

まずファンクションキーとしても使用できる、最上段のメディアキーの機能が少し変更されています。

新型MX KEYS Sでは、一部のキーが「絵文字キー」や「ミュート設定キー」に変更されました。

キーに印字された絵柄は変えられないものの、PCの場合は設定ソフト「Logi Options+」を使って、割り当てる機能を自由にカスタマイズすることも可能です。

また同アプリから、「fn」キーと同時押ししなくても標準のファンクションキーと使用できるようにも変更できます。

【違い2】USBレシーバーが「Logi Bolt USB」に変更

「Bluetooth」と「USBレシーバー」の2つのワイヤレス接続に対応しますが、「USBレシーバー」の規格が変更されています。

  • 新型MX KEYS S…「Logi Bolt USBレシーバー
  • 旧型MX KEYS…「Unifyingレシーバー

注意点としては、同じ規格同士の機器なら一つのレシーバーで使えますが、互換性がないので、別規格同士の機器を使う場合は、それぞれ対応するレシーバーを複数接続する必要があることです。

【違い3】「ペイルグレー」が追加され2色に

前モデルは「グラファイト」の1色のみでしたが、「MX KEYS MINI」や「MX MASTER 3S」と同様に、「ペイルグレー」も追加されました。

ケン編集長

白、グレーといった明るい色で統一したい方に朗報ですね!

まとめ

違いまとめ
  1. 一部のキーが絵文字キーやミュート設定キーに変更
  2. USBレシーバーが「Logi Bolt USB」に変更
  3. 「ペイルグレー」が追加され2色に

新型「MX KEYS S」で変更点をまとめてみました。

注意点としては、USBレシーバーが「Logi Bolt USB」に変更されたことです。従来の「Unifyingレシーバー」で他の機器と合わせて使用していた場合は、どちらのレシーバーも接続しないといけなくなってしまうので、USBポートを2つ使用することになります。

「Logi Bolt USB」対応機器でまとめている場合は、Logi BoltレシーバーのみでOKですが、ロジクール機器を複数使用している方は要注意です。

他に変更点があれば記事に追記します。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon」新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで
  • Kindle」Kindle本 新生活セール 最大70%オフ ※3/5まで

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次