【違い】新型BALMUDA The Toaster(K11A)は旧型と何が変わった?

記事内に広告が含まれます。

バルミューダの人気商品の「BALMUDA The Toaste」がモデルチェンジし、「BALMUDA The Toaster
(K11A)」が2023年10月5日に発売されます。

見た目はあまり変わっていないようにも見えますが、新型モデルではいくつか変更された箇所があるので、新型と旧型の違いをまとめてみました!

目次

BALMUDA The Toaster 新型「K11A」と旧型「K05A」の違いを比較

BALMUDA The Toaster
(K11A)
BALMUDA The Toaster
(K05A)
運転モード1. トーストモード
2. チーズトーストモード
3. フランスパンモード
4. クロワッサンモード
5. クラシックモード
(170、200、230°C)
1. トーストモード
2. チーズトーストモード
3. フランスパンモード
4. クロワッサンモード
5. クラシックモード
(170、200、230°C)
タイマー1~10 ・ 15分1~10 ・ 15分
スチーム5ccボイラー5ccボイラー
焼き上げ性能
本体寸法
(幅x奥行x高さ)
357x321x209mm357x321x209mm
庫内寸法
(幅x奥行x高さ)
275x224x178mm274x204x178mm
カラーブラック(K11A-BK)
ホワイト(K11A-WH)
ショコラ(K11A-CW)
グレー(K11A-GR)
ブラック(K05A-BK)
ホワイト(K05A-WH)
ベージュ(K05A-BG)
グレー(K05A-GR)

新型「BALMUDA The Toaste (K11A)」と旧型「BALMUDA The Toaste (K05A)」の違いをまとめてみました。

モデルチェンジで変わった箇所を赤文字にしています。

【違い1】本体サイズはそのままに、庫内の奥行きが2cm拡大

本体サイズは変わっていませんが、庫内の奥行きが2cm広い「224mm」に拡大。

市販の19cmピザを余裕を持って焼くことができるなど、大きなものも調理しやすくなりました。

【違い2】温度制御&焼き網の改良で、よりムラなく焼き上げられるように

  1. 温度制御の見直し
  2. 焼きアミの形状を変更

上記2つの改良により、より美味しく焼き上げられるように進化しました。

とくに焼きアミの形状を変更したことで、裏面まで完璧な焼き上がりになるとのこと。

旧型でも十分に美味しいトースターが楽しめましたが、新型ではより

【違い3】新色「ショコラ」が登場

新型モデルでは新たに「ショコラ」カラーが追加。

廃止された「ベージュ」に近い色合いですが、より落ち着いた雰囲気なカラーです。

まとめ

違いまとめ
  1. 本体サイズはそのままに、庫内の奥行きが2cm拡大
  2. 温度制御&焼き網の改良で、よりムラなく焼き上げられるように
新型モデル「K11A」がおすすめの方
旧型モデル「K05A」がおすすめの方
  • ピザなど大きなものも焼きたい
  • より美味しく焼きたい
  • 安く購入したい(在庫処分品など)

新型「BALMUDA The Toaste (K11A)」と、旧型「BALMUDA The Toaste (K05A)」の違いをまとめてみました。

見た目もサイズもほぼ変わっていませんが、庫内の奥行きの拡大と、焼き上げ性能が上がっているので、バルミューダ好きな方には嬉しいモデルチェンジではないでしょうか。

これから購入する方や、旧型モデルを長年愛用してそろそろ買い替えようか考えている方におすすめな新型モデルです。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次