【違い】Pebble Keys 2「K380S」と「K380」を比較【Logicool】

記事内に広告が含まれます。

Logicoolのコンパクトでコスパの高い人気キーボードの「Pebble Keys K380」

2015年に発売され長く販売され続けたモデルですが、2023年10月に待望の新型モデル「Pebble Keys 2 K380s」が登場しました!

ケン編集長

見た目はそっくりですが、いくつか変わった箇所があるので、新型モデルと旧型モデルの違いを解説していきます!

目次

Pebble Keys 2「K380S」とPebble Keys「K380」の違いを比較!

Pebble Keys 2 K380sPebble Keys K380
マルチデバイス最大3台最大3台
互換性Windows、macOS、Linux、ChromeOS、Android、iPadOS、iOSChrome OS、macOS、Windows、iOS、iPadOS、Android
接続Bluetooth
Logi Bolt USBレシーバー(別売)
Bluetooth
バッテリー単四電池x2本
約36ヶ月持続
単四電池x2本
約24ヶ月持続
サイズ
(高さx幅x奥行)
124x279x16mm124x279x16mm
重量415g
(電池含む)
423g
(電池含む)
カラーグラファイト (K380sGR)
オフホワイト (K380sOW)
ローズ (K380sRO)
グレージュ (K380sGY)
ブルー (K380sBL)
ブラック (K380BK)
オフホワイト (K380OW)
ローズ (K380RO)
グレージュ (K380GY)
ラベンダー (K380LV)
ブルー (K380BL)
レッド (K380RD)
発売2023年10月2015年9月
定価5,280円4,400円

Pebble Keys 2「K380S」とPebble Keys「K380」の違いをまとめていきます。

比較して変わった箇所を赤文字にしています。

【違い1】USBレシーバー「Logi Bolt」にも対応(※別売)

画像引用元:Logicool
Pebble Keys 2 K380sPebble Keys K380
Bluetooth
Logi Bolt USBレシーバー(別売)
Bluetooth

まず接続について、旧型の「Pebble Keys K380」ではBluetoothのみでしたが、新型「Pebble Keys 2 K380s」では、Bluetoothに加え「USBレシーバー」での接続にも対応しました。

対応するUSBレシーバーは「Logi Bolt」です。

Bluetoothに対応しないパソコンや、Bluetoothで安定しない状況などで活躍します。

USBレシーバー「Logi Bolt」は別売でキーボードには付属しないため、必要な場合は別途用意しましょう。

【違い2】電池寿命が最長36ヶ月に伸びた

Pebble Keys 2 K380sPebble Keys K380
単四電池x2本
約36ヶ月
単四電池x2本
約24ヶ月

当キーボードは新型、旧型どちらも単四電池2本で動作するキーボード。こちらの電池寿命がより長く持続するようになりました。

旧型では最長24ヶ月だったのが、新型では最長36ヶ月まで伸び、約1.5倍に。

ケン編集長

内蔵バッテリーではないものの、約3年間も持続するので、バッテリー残量のことはあまり気にせずに利用できます!

【違い3】カラーバリエーションが変更

Pebble Keys 2 K380sPebble Keys K380
グラファイト (K380sGR)
オフホワイト (K380sOW)
ローズ (K380sRO)
グレージュ (K380sGY)
ブルー (K380sBL)
ブラック (K380BK)
オフホワイト (K380OW)
ローズ (K380RO)
グレージュ (K380GY)
ラベンダー (K380LV)
ブルー (K380BL)
レッド (K380RD)
Pebble Keys 2 K380s
Pebble Keys K380

デザインはほぼ変わっていませんが、カラーバリエーションが全面リニューアル。

同じ名前のカラーでも、色味やファンクションキーの一部が変更されています。

旧型モデルでは7色ありましたが、新型モデルでは5色に。旧型モデルでは途中で新色が追加されたので、新型モデルでも後から新色が追加される可能性もあるかもしれませんね。

【違い4】ファンクションキーが一部変更(変更可能)

上側:新型、下側:旧型

ファンクションキーの印字も変更されました。

新型モデルでは、絵文字メニューなどに変更されています。

これに関しては、Logi Options+アプリを使えば、カスタマイズすることができ、任意のファンクションキーに自分の好きな機能を割り当てることが可能です。印字はそのままですが…

その他の違い

  • 重さが少し軽くなった (423g→415g)
  • 少し値上がりした (4,400円→5,280円)

その他には、重量が少しだけ軽量になったり、値段が少し上がっているなどの変更があります。

ケン編集長

価格については、円安の影響などもあって仕方ないですね…

まとめ

違いまとめ
  • USBレシーバー「Logi Bolt」にも対応(※別売)
  • 電池寿命が最長36ヶ月に伸びた
  • カラーバリエーションが変更
  • ファンクションキーが一部変更(※変更可能)
  • 少しだけ軽くなった
  • 価格が少し値上がり

Pebble Keys 2「K380S」とPebble Keys「K380」の違いについてまとめました!

デザインはほぼ変わっていませんが、「USBレシーバー対応」「電池寿命が1.5倍」など、嬉しいアップデートがされ、より便利に使えるようになっています。

画像引用元:Logicool

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次