【比較】KI-RX75、KI-PX75の違いはなに?【シャープ】

記事内に広告が含まれます。

シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機の「KI-RX75

前モデルの「KI-PX75」と見た目も変わりませんが、1つだけ異なる部分があります。

ケン編集長

この記事では、「KI-RX75」と「KI-PX75」の違いと、購入するならどちらがおすすめかまとめました!

この記事でわかること
  • 「KI-RX75」と「KI-PX75」の違い
  • 「KI-RX75」と「KI-PX75」どちらがおすすめか
目次

シャープ プラズマクラスター空気清浄機「KI-RX75」「KI-PX75」の違いを比較

KI-RX75KI-PX75
プラズマクラスター
適用床面積(目安)
約18畳(約30m²)約18畳(約30m²)
空気清浄(目安)~34畳(56m²)~34畳(56m²)
加湿空気清浄(目安)プレハブ洋室 ~25畳(41m²)
木造和室 ~15畳(25m²)
プレハブ洋室 ~25畳(41m²)
木造和室 ~15畳(25m²)
プラズマクラスタープラズマクラスターNEXTプラズマクラスターNEXT
サイズ幅395×奥行305×高さ650幅395×奥行305×高さ650
重量約13kg約13kg
使い捨て加湿プレフィルター2枚1枚
本体カラーブラウン(KI-RX75-T)
ホワイト(KI-RX75-W)
ブラウン(KI-PX75-T)
ホワイト(KI-PX75-W)
発売2022年9月2022年1月
リンク楽天市場Amazon

新型モデル「KI-RX75」と旧型モデル「KI-PX75」の違いを簡単にまとめました。

比較して、優っている部分を赤文字にしています。

【違い】付属の「使い捨て加湿プレフィルター」の枚数が2枚に増えた

引用元:シャープ
KI-RX75KI-PX75
使い捨て加湿プレフィルター2枚1枚

加湿フィルターの手前に取り付けることで、汚れが加湿フィルターへ付着するのを軽減することができる「使い捨て加湿プレフィルター」

交換目安の1ヶ月ごとに新しいものと交換することで、加湿フィルターへの汚れを軽減させる効果があります。

そして本体に付属する、「使い捨て加湿プレフィルター」が新型モデルの「KI-RX75」では2枚に増えました。

ケン編集長

ちなみに、別売りで6枚1,100円で購入できるので、付属する枚数についてはあまり気にしなくていいと思います!

使い捨てフィルターのみで、仕様の違いはなし

先ほどの「使い捨て加湿プレフィルター」の付属する枚数以外は、型番の違いだけで仕様はまったく同じ製品とのことです。

ケン編集長

「使い捨て加湿プレフィルター」は別売りで購入できるので、どちらを選んでも満足できます!

新型モデル

旧型モデル

まとめ

違いまとめ
  • 付属の「使い捨て加湿プレフィルター」の枚数が増えた
  • 本体の仕様は同じなので、安く買えるほうがおすすめ

新型「KI-RX75」と旧型「KI-PX75」の違いを比較してみましたが、違いは付属する「使い捨て加湿プレフィルター」の枚数だけで、本体はまったく同じものです。

ケン編集長

同じ商品なので、型落ちで安く買える場合は旧型モデルのほうがおすすめです!

新型モデル

旧型モデル

開催中のお得なキャンペーン
  • Kindle Unlimited】最大3ヶ月無料キャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最大5ヶ月無料キャンペーン!
  • audible最大3ヶ月無料キャンペーン!※7月22日まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次