【比較】HD-1800F、HD-184の違いとおすすめを紹介!

記事内に広告が含まれます。

ダイニチの、タンク容量が大容量なハイブリッド加湿器の「HD-1800F」と「HD-184

どちらも見た目も性能も同じに見えますが、1つだけ異なる機能があります。

ケン編集長

この記事ではそれぞれの違い・選び方・おすすめのモデルを解説していきます!

この記事でわかること
  • 「HD-1800F」と「HD-184」の違い
  • 「HD-1800F」と「HD-184」どちらがおすすめ?
目次

「HD-1800F」と「HD-184」の共通の特徴

  • プレハブ洋室50畳まで/木造和室30畳まで対応のパワフルモデル
  • 水タンク大容量「12.0L (6.0×2個)」で長時間運転が可能
  • さまざまなシーンに合わせて選べる「4つの運転モード」
  • 設定湿度を「50%/60%/70%」から選べる

比較の前に、まずは「HD-1800F」と「HD-184」の共通の特徴をまとめました!

ダイニチの加湿器の中ではパワフルなモデルで、タンク容量も12.0Lあって長時間運転できます。

ケン編集長

広いリビングや、事務所での使用に向いているモデルです。

ダイニチ加湿器「HD-1800F」「HD-184」の違いを比較!

HD-1800FHD-184
適用床面積
(木造和室)
30畳(50m²)まで30畳(50m²)まで
適用床面積
(プレハブ洋室)
50畳(82m²)まで50畳(82m²)まで
タンク容量12.0L(6.0×2個)12.0L(6.0×2個)
カンタン取替えトレイカバー
本体外形寸法
(高さ×幅×奥行)
410×450×348mm410×450×348mm
重量約9.4kg約9.4kg
発売2021年7月2020年8月

HD-1800F」と「HD-184」の違いを比較表にまとめました。

比較して、優れている箇所を赤文字にしています。

【違い】トレーの手入れが楽な「カンタン取替えトレイカバー」に対応しているか

引用元:ダイニチ
HD-1800FHD-184
カンタン取替えトレイカバー

唯一の違いは「カンタン取替えトレイカバー」に対応しているかどうかです。

取り替えトレイカバーに対応している「HD-184」は、半透明の使い捨てカバーをセットし、指定された期間ごとに交換することで、トレイの洗浄がほぼ不要

ちなみに「カンタン取替えトレイカバー」は、3枚入りで3,300円程度で販売されています。

ケン編集長

自分で定期的に清掃したい場合や、消耗品代を抑えたい場合は、「HD-1800F」がおすすめです!

デザインや、加湿性能は同じで変わらない

違いは「カンタン取替えトレイカバー」に対応しているかどうかのみで、デザインや性能はまったく同じです。

加湿器で重要な加湿能力は変わらないので、取替えトレイカバーが必要かどうかで選ぶといいと思います。

「カンタン取替えトレイカバー」対応モデル

「HD-1800F」「HD-184」の違いまとめ

違いまとめ
  • 違いは「カンタン取替えトレイカバー」に対応するかどうか
  • デザインや性能は変わらない
「HD-1800F」がおすすめの方
「HD-184」がおすすめの方
  • トレーを自分で洗いたい
  • 消耗品代を抑えたい
  • 「カンタン取替えトレイカバー」を使って、トレーを手軽に清潔に保ちたい

ダイニチのハイブリッド加湿器「HD-1800F」と「HD-184」の違いを比較してみました!

違いは「カンタン取替えトレイカバー」に対応するかどうかのみで、デザインや性能はほぼ同じです。

ケン編集長

手入れの手間が少ないモデルがほしい場合は「HD-184」、消耗品代を抑えたい場合は「HD-1800F」がおすすめです!

「カンタン取替えトレイカバー」対応モデル

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次