初代AirPods(第1世代)を「Wireless Charging Case」に入れても問題なく充電できて使えた!

記事内に広告が含まれます。

新型AirPods (第2世代)が登場し、ワイヤレス充電ケース(Wireless Charging Case )も登場してiPhone同様にワイヤレス充電器に置いてケーブルに繋がなくても充電できるようになりました。

そしてこのワイヤレス充電ケースは、単品でも別売り販売されています。

実はこのワイヤレス充電ケースは、第2世代のAirPodsにしか使えないと思いきや、初代の第1世代AirPodsにも対応しているんです。

目次

実際に入れてみたらしっかり充電できた!


実際「AirPods (第1世代)」をWireless Charging Caseに入れてみましたが、まったく問題なく充電が始まりました。

AirPods (第1世代)をお使いの方で、ワイヤレス充電したい方に朗報ではないでしょうか!

本体ごと買い替えるほうがメリットが多い気がする


新型AirPods (第2世代)は、初代と見た目はまったく変わりませんが、H1チップを採用しているため、AirPodsに接続する時間の短縮や、遅延の減少、通話時の省電力化、Hey Siriの対応など、中身が結構進化しています。

ケン編集長
ワイヤレス充電ケースだけ購入するのもいいのですが、AirPodsを使う頻度が高い方は、AirPodsごと買い替えるのもいい選択だと思います!

開催中のお得なキャンペーン

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次