\【Amazon】新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで/

【違い】衣類スチーマー NI-FS70AとNI-FS790を比較!

記事内に広告が含まれます。

パナソニックの衣類スチーマーのプレミアムモデルに、新型「NI-FS70A」が登場しました!

この記事では、気になる、旧型モデル「NI-FS790」との違いと、どちらがおすすめか解説していきます。

この記事でわかること
  • 「NI-FS70A」と「NI-FS790」の違い
  • 「NI-FS70A」と「NI-FS790」どちらがおすすめか
目次

パナソニック「NI-FS70A」と「NI-FS790」の違いを比較!

NI-FS70ANI-FS790
アイロン面(スチームヘッド)形状フラットベースフラットベース
アイロン面(スチームヘッド)素材セラミックコートセラミックコート
スチーム穴の数6穴6穴
浸透スチーム
スチーム量平均 約15 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分 (MED時)
360°全方向噴射
平均 約15 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分(MED時)
360°全方向噴射
連続使用時間約8分 (HIGH時)
約13分 (MED時)
約7分 (HIGH時)
約11分30秒 (MED時)
タンク容量約130 mL約115 mL
スチーム操作静電タッチ式プッシュ式
温度調節機能3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
自動ヒーターオフ
立ち上がり時間約17秒約19秒
脱臭
除菌・アレル物質抑制
抗菌ハンドル
消費電力950 W950 W
コードの長さ約2.5 m約2.5 m
外形寸法
(幅x高さx長さ)
約8x13x16cm約8x13x16.5cm
スタンド収納時の寸法
(幅x高さx長さ)
約9×15.5×17.5cm約9x15x17.5cm
本体質量
(スタンド含まず)
約660g約690g
本体カラーカームブラック
(NI-FS70A-K)
クレイベージュ
(NI-FS70A-C)
カームブラック
(NI-FS790-K)
ベージュ
(NI-FS790-C)
発売2024年3月2023年3月

パナソニック衣類スチーマー「NI-FS70A」と「NI-FS790」の違いをまとめてみました。

比較して優れている箇所を赤文字にしています。

【違い1】「静電タッチ式スチーム操作」機能を搭載

画像引用元:Panasonic
NI-FS70ANI-FS790
静電タッチ式プッシュ式

スチームを出すためのボタンが「静電タッチ式」に変更されています。

スチームタッチボタンに指を触れるだけで、スチーム噴射のオン/オフを切り替えられたり、ボタンに触れ続けるだけでスチームが出続けるので、より直感的に使えるようになりました。

【違い2】タンク容量が増えて、連続使用時間が増えた

NI-FS70ANI-FS790
連続使用時間約8分 (HIGH時)
約13分 (MED時)
約7分 (HIGH時)
約11分30秒 (MED時)
タンク容量約130 mL約115 mL

タンク容量が約130mLに増えたため、連続試用時間が1分〜1分半程度延びました。

HIGH時には「約8分」、MED時は「約13分」まで持続するようになったので、アイロンがけしたい服が多い方には嬉しいアップデートではないでしょうか!

【違い3】立ち上がり時間が短縮

NI-FS70ANI-FS790
約17秒約19秒

立ち上がり時間が「約19秒 → 約17秒」に短縮されました。

わずか2秒の差ではありますが、とくに朝の忙しい時間に少しでもすぐに使い始められるのは地味に嬉しいですね。

【違い4】少し軽くなった

NI-FS70ANI-FS790
約660g約690g

新型モデルでは、30gほど軽量化。

一般的なアイロンとは異なり、ハンガーラックなどにかけながら使ったりもできるので、軽い方が腕への負担が軽減されます。

ケン編集長

本体重量は軽くなりましたが、水のタンク容量が増えているので、水を満タンにした状態だとそこまで変わらない可能性も?

【違い5】新型NI-FS70Aは「抗菌ハンドル」じゃなくなった

NI-FS70ANI-FS790
抗菌ハンドル

新型モデルになって唯一劣るのが、持ち手が「抗菌ハンドル」ではなくなったこと。

新型NI-FS70Aは抗菌ハンドルなので、よく触れる部分に雑菌がつきにくく、より清潔に扱えます。

【違い6】「ベージュ」が、白っぽい「クレイベージュ」に変更

NI-FS70ANI-FS790
カームブラック
クレイベージュ
カームブラック
ベージュ

本体カラーで、カームブラックのカラーについてはほぼ変わっていませんが、「ベージュ」が少し変更されています。

旧型NI-FS790ではカラーネームが「ベージュ」でしたが、新型NI-FS70Aでは「クレイベージュ」という名前に変更。

画像で見比べてみると、NI-FS790では名前の通りベージュという本体カラーですが、新型NI-FS70Aのクレイベージュでは、ベージュというよりも白に近いようなカラーになっています。

まとめ

違いまとめ
  1. 「静電タッチ式スチーム操作」機能を搭載
  2. タンク容量が増えて、連続使用時間が増えた
  3. 立ち上がり時間が短縮
  4. 少し軽くなった
  5. 「抗菌ハンドル」じゃなくなった
  6. 「ベージュ」が、白っぽい「クレイベージュ」に変更
「NI-FS70A」がおすすめの方
「NI-FS790」がおすすめの方
  • 「静電タッチ式スチーム操作」で直感的に操作したい
  • アイロンがけする服が多く、長時間使用したい
  • 忙しいときに、少しでも早く使用したい
  • 白に近い「クレイベージュ」の本体カラーがほしい
  • 連続使用時間や、立ち上がり時間はそこまで重視しない
  • 「抗菌ハンドル」で雑菌等がつきにくいほうがいい
  • 「ベージュ」の本体カラーがほしい
  • 在庫品などで安く購入したい

「NI-FS70A」と「NI-FS790」の違いを比較してみました。

見た目はほとんど変わっていませんが、連続試用時間が延びたり、「静電タッチ式スチーム操作」を採用するなど、使いやすさがより向上しています。

立ち上がり時間の短縮もあるので、使用頻度が高い方はより利便性が上がった新型モデル「NI-FS70A」がおすすめです。

ただしスチーム量は変わらないので、アイロンとしての性能はほとんど変わっていないと思います。そのため、在庫品などで安く購入できる場合は型落ち「NI-FS790」も十分におすすめでないでしょうか。

画像引用元:Panasonic

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon」新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで
  • Kindle」Kindle本 新生活セール 最大70%オフ ※3/5まで

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次