\【Amazon】新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで/

【違い】NI-FS40AとNI-FS430を比較!【Panasonic】

記事内に広告が含まれます。

パナソニックの衣類スチーマーのエントリーモデルに、新型「NI-FS40A」が登場しました!

この記事では、気になる、旧型モデル「NI-FS430」との違いと、どちらがおすすめなのか解説していきます。

この記事でわかること
  • 「NI-FS40A」と「NI-FS430」の違い
  • 「NI-FS40A」と「NI-FS430」どちらがおすすめか
目次

パナソニック「NI-FS40A」と「NI-FS430」の違いを比較!

NI-FS40ANI-FS430
アイロン面(スチームヘッド)形状フラットベースフラットベース
アイロン面(スチームヘッド)素材シルバーチタンコートセラミックコート
スチーム穴の数6穴6穴
浸透スチーム
スチーム量平均 約11 g/分 (パワフル)
220°スチーム噴射
平均 約11 g/分 (パワフル)
220°スチーム噴射
連続使用時間約4分約4分
タンク容量約50 mL約50 mL
スチーム操作プッシュ式プッシュ式
温度調節機能
自動ヒーターオフ
立ち上がり時間約30秒約30秒
脱臭
除菌・アレル物質抑制
抗菌ハンドル
付属品スタンド/専用カップスタンド/専用カップ
消費電力950 W950 W
コードの長さ約2.5 m約2.5 m
外形寸法
(幅x高さx長さ)
約7x13x15.5cm約7x13x15.5 cm
スタンド収納時の寸法
(幅x高さx長さ)
約8.5x15x17cm約8.5x15x17cm
本体質量
(スタンド含まず)
約670g約670g
本体カラーホワイト
NI-FS40A-W
アイボリー
NI-FS430-C
発売2024年3月2023年3月

パナソニック衣類スチーマー「NI-FS40A」と「NI-FS430」の違いをまとめてみました。

比較して異なる箇所を赤文字にしています。

【違い1】アイロン面の素材が「シルバーチタンコート」に変更

NI-FS40ANI-FS430
すべりがよく丈夫なかけ面耐久性とすべりやすさに優れたタイプ
画像引用元:panasonic

少し残念なのが、アイロン面のコーティングが変わったこと。

これまではプレミアムモデルと同じ「セラミックコート」が採用されていましたが、新型NI-FS430では「シルバーチタンコート」に変更に。

Panasonic公式サイトでは、「セラミックコート」のほうが耐久性とすべりやすさが高いような記述をされているのと、上位モデルでもあるNI-FS70Aでは、セラミックコートが採用されていることを考えると、セラミックコートのほうが優れていると考えていいでしょう。

ケン編集長

ここはコストダウンでしょうね…

【違い2】本体のカラーが変更

NI-FS40ANI-FS430
ホワイトアイボリー

カラーバリエーションはそれぞれ1色ですが、優しい色味の「アイボリー」から、鮮やかな「ホワイト」に変更されています。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、よく見ると少し差があります。

まとめ

違いまとめ
  1. アイロン面の素材が「シルバーチタンコート」に変更
  2. 本体のカラーが変更
「NI-FS40A」がおすすめの方
「NI-FS430」がおすすめの方
  • 「ホワイト」の本体カラーがほしい
  • より高性能なコーティング「セラミックコート」がいい
  • 「アイボリー」のカラーがほしい
  • 在庫品などで安く購入したい

Panasonicの衣類スチーマー「NI-FS40A」と「NI-FS430」の違いを比較してみました。

デザインや機能もほぼ変わっていませんが、アイロン面のコーティングが「セラミックコート」から「シルバーチタンコート」に変更されています。

上位モデルでは「セラミックコート」を採用していることから、「シルバーチタンコート」のほうがやや劣ると考えられます。

ケン編集長

そのことから、個人的には在庫があれば「NI-FS430」のほうがおすすめだと思いました!

画像引用元:Panasonic

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon」新生活セール開催中!最大10%還元 ※3/5まで
  • Kindle」Kindle本 新生活セール 最大70%オフ ※3/5まで

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次