【比較】パナソニック FE-KXU07、FE-KFU07の違いまとめ

記事内に広告が含まれます。

パナソニックの加湿器「FE-KXU07」と「FE-KFU07

どちらも発売時期も加湿能力も同じで、似ている製品ですが少し違う部分があります。

ケン編集長

この記事ではそれぞれの比較と、どちらがおすすめなのかまとめてみました!

この記事でわかること
  • 「FE-KXU07」と「FE-KFU07」の違い
  • 「FE-KXU07」と「FE-KFU07」どちらがおすすめか
目次

パナソニック「FE-KXU07」と「FE-KFU07」を比較

FE-KXU07FE-KFU07
定格加湿能力700mL/h700mL/h
適用床面積
(プレハブ用室)
19畳 (32㎡)19畳 (32㎡)
適用床面積
(木造和室)
12畳 (20㎡)12畳 (20㎡)
タンク容量約4.2L約4.2L
ナノイー搭載
フィルター清潔モード
発売2021年9月2021年9月
価格20,000円くらい19,000円くらい
リンクAmazonAmazon

パナソニックの加湿器「FE-KXU07」と「FE-KFU07」の比較表です。

比較して異なる部分を赤文字にしています。

【違い】FE-KXU07には「ナノイー」「フィルター清潔モード」が搭載

FE-KXU07FE-KFU07
ナノイー搭載
フィルター清潔モード

加湿性能は同じですが、最も異なるのが「ナノイー」の有無です。

FE-KXU07には「ナノイー」が搭載されていて、加湿された空気と一緒にナノイーのイオンを放出させることにより、お肌の水分量・うるおいスピードがアップさせる効果がプラス!

さらに運転停止中にナノイーを加湿フィルターに充満させ、加湿フィルターを清潔に保てるメリットもあります。

FE-KFU07は、加湿性能は変わりませんが「ナノイー」は非搭載。その代わりに本体価格が少し抑えれています。

ケン編集長

加湿性能は変わりませんが、ナノイーが搭載されているか、非搭載かの違いがあります!

まとめ

「FE-KXU07」の特徴
「FE-KFU07」の特徴
  • 「ナノイー」がプラスされ、お肌の水分量・うるおいスピードがアップ
  • 「ナノイー」で加湿フィルターが清潔
  • ナノイーは非搭載だが、本体価格が少し安い
  • ナノイー以外の性能はほぼ同じ

FE-KXU07」と「FE-KFU07」を比較してみました!

どちらも加湿器としての性能はほぼ同じですが、「FE-KXU07」にはナノイーが搭載され、お肌へのうるおいや、フィルターの清潔さがプラスされています。

ナノイーによる潤いやフィルターの清潔さが欲しい方は「FE-KXU07」がおすすめで、ナノイーは不要で少しでも安く購入したい方は「FE-KFU07」がおすすめです。

ケン編集長

個人的には、価格差がそこまでないのでナノイー搭載の「FE-KXU07」をおすすめします!

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次