【比較】AW3423DWF、AW3423DWの違い解説!買うならどっち?

記事内に広告が含まれます。

34型大画面有機ELのウルトラワイドディスプレイのALIENWARE「AW3423DWF」と「AW3423DW

見た目も型番もそっくりですが、何か違いがあるのか気になります。

ケン編集長

そこでこの記事では「AW3423DWF」と「AW3423DW」の違いをまとめました!

この記事でわかること
  • 「AW3423DWF」と「AW3423DW」の違い
  • 「AW3423DWF」と「AW3423DW」どちらがおすすめか
目次

Dell「AW3423DWF」と「AW3423DW」の違いを比較!

AW3423DWFAW3423DW
画面サイズ34.18インチ
(湾曲)
34.18インチ
(湾曲)
パネル有機EL有機EL
表面処理ノングレアノングレア
解像度3440×14403440×1440
輝度250 cd/m2
1000 cd/m2(ピーク時)
250 cd/m2
1000 cd/m2(ピーク時)
コントラスト比1000000:11000000:1
最大表示色10.7億色10.7億色
視野角178°/178°178°/178°
HDR規格DisplayHDR True Black 400DisplayHDR True Black 400
リフレッシュレート最大165Hz最大175Hz
応答速度0.1ms(GtoG)0.1ms(GtoG)
色域DCI-P3:99.3%DCI-P3:99.3%
FreeSyncFreeSync Premium Pro
NVIDIA G-SYNCG-SYNC ULTIMATE
VESA AdaptiveSync Display
フリッカーセーフ
映像入力端子HDMI2.0x1
DisplayPort1.4×2
HDMI2.0x2
DisplayPort1.4×1
ヘッドフォン出力
HDCPHDCP2.2HDCP2.2
USBハブ機能
スピーカー
スイーベル機能20˚/ 20˚20˚/ 20˚
ピボット機能(回転)
スタンド高さ調整最大110mm最大110mm
チルト機能-5°〜23°-5°〜23°
VESAマウント
その他機能PIP
PBP
サイズ (幅x高さx奥行)815.25×525.57×305.71mm815.25×525.57×305.71mm
重量9.65 kg10.37 kg
発売2022年12月2022年4月

「AW3423DWF」と「AW3423DW」の違いを表にまとめました。

比較して、優っている箇所を赤文字にしています。

【違い1】リフレッシュレートが165Hzに減少

AW3423DWFAW3423DW
最大165Hz最大175Hz

コストを抑える為だと思いますが、リフレッシュレートが10Hz下がっています。

ただ165Hzでも十分に高いリフレッシュレートですし、応答速度などの基本性能は変わっていないので、新型がそこまで劣っているということはありません。

【違い2】入力端子の数が変更

AW3423DWFAW3423DW
HDMI2.0x1
DisplayPort1.4×2
HDMI2.0x2
DisplayPort1.4×1

入力端子の数も少し変更されています。

両機種とも、「HDMI2.0」と「DisplayPort1.4」の入力端子が搭載されていますが、新型モデルではHDMI2.0端子が1つ減り、DisplayPort1.4端子が2つに増えています。

【違い3】FreeSync、G-SYNCの対応の違い

AW3423DWFAW3423DW
FreeSyncFreeSync Premium Pro
NVIDIA G-SYNCG-SYNC ULTIMATE
VESA AdaptiveSync Display

リフレッシュレートをグラフィックカードと同期させることにより、画面のズレなどの問題を軽減できる機能の「FreeSync」「G-SYNC」

ここの対応状況もいくつか異なります。AW3423DWでは、特定のNVIDIA製のグラフィックボードで利用できる「G-SYNC ULTIMATE」に対応していましたが、AW3423DWFでは、AMDの「FreeSync Premium Pro」に変更されています。

ケン編集長

「G-SYNC」を採用するとコストが上がるため、価格を抑えるためFreeSyncに変更されたと思われます。

【違い4】「ピクチャインピクチャ」「ピクチャバイピクチャ」などの機能に対応

AW3423DWFAW3423DW
PIP
PBP

「AW3423DWF」では新たに「PIP」「PBP」といった、複数の機器の映像を1画面上に同時に映せる機能に対応。

例えば、ゲームの映像とパソコンの映像を映して、ネットで攻略サイトを見ながらゲームを楽しんだりすることができます。

まとめ

違いまとめ
  • リフレッシュレートが165Hzに減少
  • 入力端子の数が変更
  • FreeSync、G-SYNCの対応状況が変更
  • 「ピクチャインピクチャ」「ピクチャバイピクチャ」などの機能に対応
  • 高品質な有機ELパネルや、応答速度や色の再現性などの性能はほぼ変わらずに、価格が安くなった

後から発売された「AW3423DWF」では、リフレッシュレートが多少下がってはいますが、価格を数万円も抑えながらも、高品質な有機ELパネルや、応答速度や色の再現性などの性能はほぼ変わっていません。

AW3423DWは在庫が少なめで価格も高めなため、購入するなら公式ストアで安く購入できる「AW3423DWF」がおすすめではないでしょうか!

開催中のお得なキャンペーン
  • Kindle Unlimited】最大3ヶ月無料キャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最大5ヶ月無料キャンペーン!
  • audible最大3ヶ月無料キャンペーン!※7月22日まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次