【BenQ】GW2480L、GW2480の違いはなに?比較してみた

記事内に広告が含まれます。

BenQの23.8インチディスプレイ、「GW2480L」が発売されました。

この記事では、前から販売されている「GW2480」との違いと、どちらがおすすめなのかを紹介します!

違いまとめ
  • 違いは「ブルーライト軽減機能」だけで、ほぼ同じ
  • 「GW2480L」のほうがブルーライト抑制機能が強い
  • 価格差もほとんどない
目次

「GW2480L」と「GW2480」の違

スクロールできます
GW2480LGW2480
外観
画面サイズ23.8 インチ23.8 インチ
パネルIPSIPS
表面処理ノングレアノングレア
解像度1920×10801920×1080
輝度250 cd/m2250 cd/m2
コントラスト比1000:11000:1
リフレッシュレート60Hz60Hz
応答速度5 ms5 ms
フリッカーフリー
ブルーライト軽減軽減プラス
輝度自動調整機能
映像入力端子HDMI ×1
DisplayPort ×1
VGA ×1
HDMI ×1
DisplayPort ×1
VGA ×1
オーディオ出力
スピーカー1Wx21Wx2
VESAマウント
発売2022年6月2017年12月
リンクAmazonAmazon

比較して優秀な箇所を赤文字にしています。

GW2480L」は2022年に発売されたばかりの機種ですが、型番も末尾の「L」が追加されただけなので、おそらく「GW2480」の後継機種になります。

現在、どちらのモデルも販売されています。

違いは「ブルーライト軽減機能」

引用元:Amazon
GW2480LGW2480
ブルーライト軽減ブルーライト軽減プラス

唯一の違いは「ブルーライト軽減機能」です。

どちらの機種にもブルーライト抑制機能はありますが、新しい「GW2480L」は、より高性能なブルーライトカット機能「ブルーライト軽減プラス」が搭載されています。

従来のブルーライト軽減機能は、有効にすると、画面が黄色がかった色になったりするのが弱点でした。

「ブルーライト軽減プラス」では、鮮やかな色を維持しながら有害なブルーライトを軽減することが可能に。色褪せや輝度の低下など、不自然な発色を抑えつつもブルーライトも軽減できるようになりました。

ケン編集長

つまり、GW2480Lのほうが優秀なブルーライトカット機能が搭載されているということですね!

まとめ

  • 違いは「ブルーライト軽減機能」だけで、ほぼ同じ
  • 「GW2480L」のほうがブルーライト抑制機能が強い
  • 価格差もほとんどない

ブルーライト軽減機能の性能差くらいしかありませんが、価格差もほとんどないので、これから購入するなら、新しく販売された「GW2480L」のほうがおすすめだと思います。

ケン編集長

これまでのブルーライト抑制機能は、色味が不自然になるのが嫌で使ってませんでしたが、発色があまり変わらないのなら使いたいですね!

開催中のお得なキャンペーン

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次