【比較】PA279CV、PA278CVの違いとおすすめを紹介【ASUS】

記事内に広告が含まれます。

ASUSのデザイナー向け27インチ高画質ディスプレイのProArt「PA279CV」と「PA278CV

どちらも型番も見た目も似ていますが、性能や機能が異なります。

ケン編集長

この記事では「PA279CV」と「PA278CV」の違いと、どちらがおすすめなのかまとめてみました!

この記事でわかること
  • 「PA279CV」と「PA278CV」の違い
  • 「PA279CV」と「PA278CV」どちらがおすすめか
目次

ASUS「PA279CV」「PA278CV」の違いを比較

PA279CV-R
PA279CV-J(Amazonモデル)
PA278CV
画面サイズ27インチ27インチ
パネルIPSIPS
表面処理ノングレアノングレア
解像度3840×21602560×1440
輝度350 cd/m2350 cd/m2
コントラスト比1000:1
100000000:1(動的)
1000:1
100000000:1(動的)
最大表示色約10.7億色約1670万色
視野角178° / 178°178° / 178°
HDR10
HDR映像信号規格
リフレッシュレート最大 60Hz最大75Hz
応答速度5ms(GtoG)5ms(GtoG)
色域sRGB:100%
Rec.709:100%
sRGB:100%
Rec.709:100%
FreeSyncFreeSyncAdaptive-Sync
※FreeSyncと同等の機能
フリッカーセーフ
映像入力端子DisplayPort1.2×1
HDMI2.0x2
USB Type-Cx1
(USB-C 給電 65W)
DisplayPort 1.2 x 1
HDMI(v1.4) x 1
USB Type-Cx1
(USB-C 給電 65W)
その他接続端子USB 3.1Type-A x4DisplayPort v1.2 x1
USB 3.2 Type-A x4
ヘッドフォン出力
HDCP
USBハブ機能
スピーカー2Wx22Wx2
左右角度調整左右45°左右45°
ピボット機能(回転)左右90°左右90°
スタンド高さ調整0~150mm0~150mm
チルト機能上35°~下5°上35°~下5°
VESAマウント
付属品電源ケーブル
USB-C ケーブル
DisplayPort ケーブル
DisplayPortケーブル
電源コード
USB-Cケーブル
その他機能Picture in Picture
Picture by Picture
発売2021年7月2022年7月

ProArt「PA279CV」と「PA278CV」を簡単に比較表にまとめました。

比較して優っている部分を赤文字にしています。

【重要な違い1】解像度、最大表示色

PA279CV-R
PA279CV-J(Amazonモデル)
PA278CV
画面サイズ27インチ27インチ
パネルIPSIPS
表面処理ノングレアノングレア
解像度3840×21602560×1440
最大表示色約10.7億色約1670万色

どちらも同じサイズの27インチですが、解像度が大きく異なります。

「PA279CV」は4K解像度で、よりきめ細かい表示が可能です。

ケン編集長

4Kの映像などを楽しむ方は4K解像度のディスプレイをおすすめします!

【重要な違い2】リフレッシュレート

PA279CV-R
PA279CV-J(Amazonモデル)
PA278CV
リフレッシュレート最大 60Hz最大75Hz

リフレッシュレートとは、1秒間の間に切り替わる映像のコマのこと。

それぞれのリフレッシュレートを比べると、「PA278CV」のほうが少しだけ滑らかに表示ができます。

【重要な違い3】DisplayPortのデイジーチェーン

PA279CV-R
PA279CV-J(Amazonモデル)
PA278CV
映像入力端子DisplayPort1.2×1
HDMI2.0x2
USB Type-Cx1
(USB-C 給電 65W)
DisplayPort 1.2 x 1
HDMI(v1.4) x 1
USB-C x 1
(USB-C 給電 65W)
その他接続端子USB 3.1Type-A x4DisplayPort v1.2 x1
USB 3.2 Type-A x4

「PA278CV」には、ノートPCからケーブル1本の接続でマルチモニターを実現する「デイジーチェーン」にも対応しています。

通常であれば、2枚のディスプレイからそれぞれノートパソコンにケーブルを接続する必要がありました。

「デイジーチェーン」対応ディスプレイを使えば、2枚目のディスプレイのケーブルを1枚目のディスプレイに繋ぐと、1枚目のディスプレイ経由で信号を送ってくれるようになるので、ノートパソコンに接続するケーブルを減らせます。

【重要な違い4】「Picture in Picture」「Picture by Picture」の対応

PA279CV-R
PA279CV-J(Amazonモデル)
PA278CV
その他機能Picture in Picture
Picture by Picture

「PA279CV」は、接続した2つの機器の映像を並べて表示させたり(ピクチャー・バイ・ピクチャー)、小窓にして表示させる機能(ピクチャー・イン・ピクチャー)に対応しています。

ケン編集長

ピクチャー・バイ・ピクチャーは、ゲーム機とパソコンを接続して使うときには便利かもしれませんが、表示が極端に小さくなってしまうので、個人的にはディスプレイを2枚並べたほうが使い勝手はいいと思います。

PA279CVのAmazonモデル

まとめ

「PA279CV-R/PA279CV-J」がおすすめの方
「PA278CV」がおすすめの方
  • 4K解像度がほしい
  • 最大表示色が高いほうがいい
  • HDMIで4K 60Hzなどの入力を利用したい
  • 「Picture in Picture」「Picture by Picture」を利用したい
  • リフレッシュレート75Hzがほしい
  • DisplayPortのデイジーチェーン機能を利用したい

ProArt「PA279CV」と「PA278CV」を比較してみましたが、似ているようで、解像度など結構違う部分があるので、自分の必要に応じて選ぶことおすすめします!

「PA279CV-R」と「PA279CV-J」は販売店の違いのみで性能や機能は同じそうなので、安く購入できるほうがおすすめです。

PA279CVのAmazonモデル

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次