iPadのセルラーモデルは後悔する?Wi-Fiモデルに買い替えた理由

記事内に広告が含まれます。

iPadが好きでこれまで様々なiPadを使い続けてきた筆者。

これまでは「Wi-Fi+Cellularモデル」のiPadを使うことが多かったのですが、最近はセルラーモデルをやめて「Wi-Fiモデル」のiPadになりました。

ケン編集長

この記事では、セルラーモデルのiPadを買うと後悔する可能性がある理由と、逆にセルラーモデルからWi-Fiモデルに買い替えることでのデメリットをまとめてみました!

目次

iPadのWi-Fi+Cellularモデルを購入すると後悔する理由

【後悔理由1】iPhoneユーザーなら、Wi-Fiモデルでもテザリングで簡単に通信できる

iPadは、セルラーモデルじゃないと、外で通信ができないと思っている方も多いですが、Wi-FiモデルのiPadでもスマートフォンの「テザリング」機能を使うことで、セルラーモデルと同じように外で通信することができます。

テザリングとは、モバイル回線の契約をしているスマートフォンなどの端末から、Wi-Fi電波を飛ばし、その端末の回線を利用して周りのWi-Fi機器を通信させることができる機能です。

つまりスマートフォンを持っていれば、そのスマートフォンの回線を経由させることで、Wi-FiモデルのiPadでも外出先で通信できちゃうんです。

また使用しているのがiPhoneなら、iPhoneとiPadが連動し、2回目以降のテザリング接続は勝手に自動でつながります!

接続までに数秒待ちますが、頻繁に外でiPadを使う方でなければ、そこまで不満に感じることはないと思います。

【後悔理由2】スマホとiPadの通信費が2台分かかる

意外と気になるのが通信費。

スマートフォンをお持ちでない方ならiPad1台分の通信費で済みますが、スマートフォンを持っている方はiPadと合わせて2台分の通信費がかかってしまいます。

最近は「格安SIM」の普及により、安いもので月に数百円程度で利用はできますが、安いプランのものだとデータ容量が少なかったり、回線が遅かったりと、セルラーモデルのiPadの良さを十分に発揮できない場合も。

スマートフォンの「テザリング」なら、通信費はスマートフォン1台分のみで済みますし、大容量の通信プランならスマートフォン、iPadどちらからでも思う存分通信を楽しむことが可能です!

【後悔理由3】本体価格がWi-Fiモデルよりも高い。販売しているお店も少ない

意外とネックなのが、本体価格です。

Wi-FiモデルのiPadよりも、セルラーモデルのiPadのほうが本体価格が高く、モデルにもよりますがだいたい15,000〜20,000円程度高い金額で販売されています。

またセルラーモデルのiPadは、Apple公式店や一部の家電量販店などでしか購入することができず、定価で販売されいるお店がほとんど。

逆にWi-FiモデルのiPadは、Amazonや楽天市場などの安いショップでも購入できるので、割引やポイントも含めると、さらに価格差が開きます。

ケン編集長

とくに最近は円安の影響などでiPadが値上がりしてしまったので、セルラーモデルは気軽には買えない…

Wi-Fi+Cellularモデルから、Wi-FiモデルのiPadに変えると生じるデメリット

①GPSがなくなるので、ナビとしての利用が難しい

意外と見落としなのが「GPS」

セルラーモデルには搭載されている「GPS」が、Wi-Fiモデルには非搭載です。

Wi-FiモデルのiPadでも、スマートフォンのテザリングで外でも通信はできますが、GPSがないため、地図アプリでナビなどの利用には不向きです。

iPadをカーナビの代わりに使う方もいますが、GPSモデルではほぼ無理と思ったほうがいいでしょう。

②テザリングで通信できるけど、接続までに少しだけ時間がかかる

iPadのスリープ解除から自動テザリングに接続されるときの様子

iPhoneのテザリングで2回目以降の接続には勝手に繋がるようになりますが、接続までに数秒程度の時間がかかります。

セルラーモデルのiPadの場合はスマートフォンと同様に、常にモバイル回線に接続された状態なので、スリープを解除した瞬間から使えます。

喫茶店などゆったりと使うシーンなら、テザリング利用のWi-Fiモデルでまったく困ることはありませんが、仕事などで外主先で頻繁に取り出して利用する場合はセルラーモデルのほうが絶対に便利です。

僕はちょこっとしたときは基本的にiPhoneを使うので、iPadのテザリング接続待ち時間はあまり気になりませんでした。

ケン編集長

僕の場合で、スリープ解除からだいたい10秒以内には自動接続されまたので、そんなに不便に感じませんでしたが、急いでいる場合は長く感じてしまうかもしれませんね…

③テザリングはiPhoneのバッテリーも消費する

1日に何時間も利用する場合でなければ気にしなくていいと思いますが、テザリングを利用すると、通信利用するスマートフォンのバッテリーも消費してしまいます。

最近尾スマートフォンのバッテリー性能は昔よりも遥かに上がっているので、数時間程度利用してもそこまで減りませんが、セルラーモデルのiPadはiPadのバッテリーの消費だけで済みます。

まとめ

iPadのセルラーモデルが後悔する可能性がある理由
  • iPhoneユーザーなら、Wi-Fiモデルでもテザリングで簡単に通信できる
  • スマホとiPadの通信費が2台分かかる
  • 本体価格がWi-Fiモデルよりも高い。販売しているお店も少ない

これまではWi-Fi+CellularモデルのiPadを使うことが多かったのですが、最近はWi-Fiモデルでも十分だと感じ、iPhoneのテザリングでWi-FiモデルのiPadを使っています。

正直なところ、Wi-FiモデルのiPadで全然困っていないです。

利用しているスマートフォンがiPhoneなら、テザリングでiPadも簡単に繋がりますし、外で通信するのは喫茶店などでゆっくりするときがほとんどなので、接続までの時間も全然気になりません。

外回りの仕事で会社貸与のセルラーモデルのiPadを使っていたときは、頻繁に顧客情報やメール内容を確認する必要があったので、すぐに通信できるセルラーモデルの恩恵を強く感じましたが、プライベート利用なら正直Wi-Fi利用で十分だと個人的には思いました。

ケン編集長

通信費もiPhone1台分だけでよくなり安くなりましたし、端末を買い替えるときも高いセルラーモデルを買わなくていいので、経済的です!

iPadの最安値と安く買う方法

iPadが安く購入できるお店の価格調査と、1円でも安く購入する方法をまとめました!安く購入したい方はぜひご覧ください。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次