DMR-4T203、DMR-4T202の違い【303/302/403/402】

記事内に広告が含まれます。

4Kディーガに2023年新型モデルの「DMR-4T403」「DMR-4T303」「DMR-4T203」が登場しました。

見た目はそっくりですが、変わった部分がいくつかあるので、この記事ではそれぞれの違いを解説していきます!

この記事でわかること
  • 4Kディーガ2023年モデルの違い
  • 4Kディーガ2023年モデルと、2021年モデルはどちらがおすすめか

「DMR-4T103」と「DMR-4W102」の違いはこちらの記事で紹介します。

目次

4Kチューナー内蔵ディーガ2023年新型モデルとの違いを比較

【違い1】4Kチューナーが2個に減り、4K放送の同時録画数も減る

【2023年モデル】
DMR-4T403
DMR-4T303
DMR-4T203
【2021年モデル】
DMR-4T402
DMR-4T302
DMR-4T202
BS4K/110度CS4K/
地上デジタル/BS・110度CSデジタル
23
地上デジタル/BS・110度CSデジタル1

どちらも3番組同時録画に対応したモデルですが、4K放送の同時録画番組数が異なります。

2021年モデルでは、4K放送も3番組同時に録画ができてしましたが、2023年モデルでは、3つのチューナーの内の1つが4K放送には非対応のものに変更されたため、4K放送の同時録画数は2番組に減りました。

ケン編集長

4K放送自体がそこまで多くないので、2つでも困ることはそこまでないとは思いますが、減っているのは少し残念…

【違い2】VOD(ネット動画)は非対応に

【2023年モデル】
DMR-4T403
DMR-4T303
DMR-4T203
【2021年モデル】
DMR-4T402
DMR-4T302
DMR-4T202
VOD非対応対応

またまたマイナスな変更要素になりますが、2021年モデルでは対応していたネット動画(VOD)に非対応になりました。

スマートテレビや、Fire TVなどの普及により、レコーダーでVODを視聴する方が多くないとのため、コストバランスを考えて2023年モデルでは非対応になったそうです。

ケン編集長

Fire TVやAndroid TVのほうが操作性もいいので、僕もレコーダーのVODは使っていませんでした。

【違い3】USBハードディスク録画は「8TB」まで対応に

【2023年モデル】
DMR-4T403
DMR-4T303
DMR-4T203
【2021年モデル】
DMR-4T402
DMR-4T302
DMR-4T202
外付けHDD8TBまで4TBまで

外付けHDDの対応容量が8TBまでに増えたのは、嬉しいアップデートです。

これまでは外付けHDDは「4TB」までしか使えませんでしたが、2倍の「8TB」まで対応に。

ケン編集長

録画番組がとにかく多い方には嬉しいですね!

【違い4】「プレビュー検索」「次エピソード自動再生」機能を追加で、録画番組視聴がより快適に

機能面では、録画した番組をより快適に楽しめる機能がいくつか追加。

サムネイルから見たいシーンを探せる「プレビュー検索」機能と、ドラマやアニメの話を連続で自動再生できる「次エピソード自動再生」が追加されました。

ケン編集長

歌番組で見たい歌手の部分を探すときや、子供に子供番組をまとめて見せるときに便利そうですね!

2TBモデル「DMR-4T203」「DMR-4T202」の違いを比較

【2023年モデル】
DMR-4T203
【2021年モデル】
DMR-4T202
BS4K/110度CS4K/
地上デジタル/BS・110度CSデジタル
23
地上デジタル/BS・110度CSデジタル1
内蔵HDD容量2TB2TB
外付けHDD8TBまで4TB
VOD非対応対応

2TBモデル「DMR-4T203」と「DMR-4T202」の違いを見ていきましょう。

どちらも容量は同じ「2TB」ですが、外付けHDDが8TBに対応しているため、新型のほうがトータルの容量は増やせます。

ただし4Kチューナー数が減っていたり、VODに非対応になっていることは注意です。

ケン編集長

4K放送を3番組同時に録画したい方、VODをレコーダー上で楽しみたい方は、旧型「DMR-4T202」のほうがおすすめですが、省かれた機能は問題なく、外付けHDDを8TBまで使いたい方は、新型「DMR-4T203」がおすすめです!

3TBモデル「DMR-4T303」「DMR-4T302」の違いを比較

【2023年モデル】
DMR-4T303
【2021年モデル】
DMR-4T302
BS4K/110度CS4K/
地上デジタル/BS・110度CSデジタル
23
地上デジタル/BS・110度CSデジタル1
内蔵HDD容量3TB3TB
外付けHDD8TBまで4TB
VOD非対応対応

続いては、3TBモデル「DMR-4T303」と「DMR-4T302」の比較です。

内蔵HDDの容量以外の違いは2TBモデルとまったく同じになっているので、こちらも同様に、4Kチューナー数と、VODの必要性、外付けHDDが8TB必要かどうかで判断するといいと思います。

4TBモデル「DMR-4T403」「DMR-4T402」の違いを比較

【2023年モデル】
DMR-4T403
【2021年モデル】
DMR-4T402
BS4K/110度CS4K/
地上デジタル/BS・110度CSデジタル
23
地上デジタル/BS・110度CSデジタル1
内蔵HDD容量4TB4TB
外付けHDD8TBまで4TB
VOD非対応対応

最後は4TBモデル「DMR-4T403」「DMR-4T402」の比較。

4TBモデルも2TB/3TBモデルと同じで、内蔵ストレージ容量以外の違いは同じです。

4K放送を3番組同時に録画したい方、VODをレコーダー上で楽しみたい方は、旧型「DMR-4T402」がおすすめで、外付けHDDを8TBまで使いたい方は、新型「DMR-4T403」がおすすめです!

まとめ

  1. 4Kチューナーが2個に減り、4K放送の同時録画数も減る
  2. VOD(ネット動画)は非対応に
  3. USBハードディスク録画は「8TB」まで対応に
  4. 「プレビュー検索」「次エピソード自動再生」機能を追加で、録画番組視聴がより快適に
2023年モデルがおすすめの方
2021年モデルがおすすめの方
  • 8TBまでの外付けHDDを接続したい
  • 「プレビュー検索」「次エピソード自動再生」機能を使いたい
  • 4K放送を3番組同時録画したい
  • VOD機能を使いたい
  • 在庫処分などで安く購入したい

2023年新型モデル「DMR-4T403」「DMR-4T303」「DMR-4T203」の違いについてまとめました!

新型モデルではありますが、需要とコストによる、4Kチューナー数が減っていたり、VODに非対応になったりと、人によってはやや残念に感じるかもしれません。

ただし、外付けHDDの対応容量が8TBまで増えているので、削られた機能が不要で、外付けHDDの容量が必要な場合は新型モデルのほうがおすすめです!

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次