【2023】Apple Watchを高速充電する条件とおすすめの充電器まとめ

記事内に広告が含まれます。

スマートフォンだけでなく、Apple Watchも高速充電(急速充電)に対応しています。

高速充電することで充電時間を大幅に短縮でき、睡眠トラッキングなどでも使いやすくなります。

ただし、高速充電をするにはいくつかの条件があり、間違った方法や充電器では高速充電ができません。

ケン編集長

この記事では、Apple Watchを高速充電する為の条件と、おすすめの高速充電に対応した充電器をまとめました!

目次

【メリット】Apple Watchを高速充電すると、45分程度で0%から80%まで充電できる

Apple Watchは、心拍センサーや睡眠記録など、健康トラッカー機能があるので、睡眠時も含めてなるべく24時間装着するのが理想ですが、1日〜2日に一度は外して充電させないといけません。

その弱点の対策として有効なのが「高速充電」です!

高速充電を利用すると、45分程度で0%から80%と短時間で充電できるので、Apple Watchを装着していない時間を大幅に短縮できます。

ケン編集長

僕は、毎日入浴中にApple Watchを高速充電するだけで、あとは睡眠中も日中も常に装着しています!

Apple Watch Ultraの場合は、1時間程度で0%から80%まで充電可能。

Apple Watchを急速充電する条件

①高速充電に対応するApple Watch

高速充電に対応するApple Watch
  • Apple Watch Series 8
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6 (USB-C 磁気高速充電ケーブル別売)
  • Apple Watch Ultra

急速充電は、最新のSeriesのつくモデルと、Apple Watch Ultraが対応しています。

Apple Watch Ultraは通常のモデルよりも大容量のバッテリーを搭載している為か、充電時間も少し長めです。

Apple Watch SEや旧機種では対応してないので注意しましょう。

②高速充電には「Apple USB-C 磁気高速充電ケーブル」が必須

ケーブルの端子が、USB-Cになっているのが特徴です。
※「Apple Watch 磁気充電 – USB-Cケーブル(0.3m)」は非対応のようです。

Series 7以降のApple Watch及び、Ultraには付属品としてついてくるので、こちらをそのまま利用しましょう。

複数欲しい方は、USB-C端子になっている「Apple USB-C 磁気高速充電ケーブル」 別途購入できます。

③高速充電対応の電源アダプタの条件

高速充電対応の電源アダプタの条件
  • Apple製の18W、20W、29W、30W、61W、87W、96W USB-C 電源アダプタ
  • 5W以上のUSB Power Delivery(USB-PD) に対応する他社製の互換 USB-C 電源アダプタ

充電ケーブルは付属しますが、電源アダプタは付属しないので、別途購入が必要です。

高速充電の条件としては、USB-C端子で、5W以上のUSB-C電源アダプタになります。

Apple製の充電器であれば18W以上、他社製であれば5W以上のUSB Power Delivery(USB-PD)を用意すると、急速充電で充電可能です。

Apple Watchにおすすめの高速充電器を紹介

①20W USB-C電源アダプタ

まずおすすめなのが、Apple純正の「20W USB-C電源アダプタ

Apple Watchと同じApple製品なので相性も良くて安心して使えます。iPhoneの充電器としても人気です!

ケン編集長

純正品で安心して使いたい方におすすめです!

②Anker PowerPort III Nano 20W

続いておすすめなのが、モバイルバッテリーや充電器で人気なAnkerの「Anker PowerPort III Nano 20W

Apple純正品と同じ20Wの給電に対応するだけでなく、超コンパクトサイズな充電器です。

ケン編集長

持ち運びや、狭い電源タップでの接続も容易で、価格も2,000円弱でコスパもGOOD!

③Anker 511 Charger (Nano 3, 30W) ※他機器も充電したい方

最後は同じAnkerの「Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」です。

Apple Watchにはオーバースペックではありますが、30Wの出力に対応しているので、スマートフォンやタブレット、MacBook Airなどの機器でも使いやすい充電器。

小型で、プラグも折りたたみができるので、持ち運びもしやすいのも特徴。

ケン編集長

Apple Watchだけでなく、スマートフォンなどの他機器でも使いたい方におすすめです!

まとめ

  • 高速充電に対応するApple Watchが必要
  • Apple USB-C 磁気高速充電ケーブルが必要 (最新のApple Watchには付属)
  • 高速充電対応の電源アダプタが必要

Apple Watchを高速充電する条件とおすすめ充電器を解説させていただきました。

最新のApple Watchなら、USB-Cの磁気高速充電ケーブルが付属してくるので、あとは「高速充電対応の電源アダプタ」を別途購入すれば、Apple Watchを高速充電できます。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次