【比較】ACB50Z、ACB50Xの違いまとめ【ダイキン】

記事内に広告が含まれます。

ダイキンの超高性能ストリーマ空気清浄機に、新型モデル「ACB50Z」が登場しました。

そして気になるのは旧型モデルとの違いですよね。前モデルと見た目は同じですが、いくつか変わった部分があります。

ケン編集長

この記事では新型モデル「ACB50Z」と、旧型モデル「ACB50X」の違いをまとめました!

この記事でわかること
  • 「ACB50Z」と「ACB50X」の違い
  • 「ACB50Z」と「ACB50X」どちらがおすすめか
目次

ダイキン 空気清浄機「ACB50Z」「ACB50X」の違いを比較

ACB50ZACB50X
適用床面積の目安~22畳(~36m2~22畳(~36m2
深紫外線(UVC)LED
ストリーマ
抗菌HEPAフィルター
プレフィルター抗菌プレフィルタープレフィルター
ファンスクロールの除菌機能
壁掛けキット
※別売り
定格消費電力43W43W
サイズH500×W270×D270mmH500×W270×D270mm
重量6.8kg12.5kg
カラーパネル:シルバー
本体:ホワイト
(ACB50Z-S)
パネル:シルバー
本体:ホワイト
(ACB50X-S)
発売2022年10月2021年4月
リンク楽天市場Amazon

新型モデル「ACB50Z」と、旧型モデル「ACB50X」の簡単な比較表です。

比較して、変わった箇所を赤文字にしています。

【違い1】「抗菌プレフィルター」を搭載

新型モデル「ACB50Z」では、空気の入り口でもあるプレフィルターの素材に抗菌成分が配合されました。

フィルターに付着した細菌を抑制する効果があり、プレフィルターをより清潔に保てます。

【違い2】ファンスクロールの除菌機能搭載

2つ目は、「ファンスクロールの除菌機能」です。

通風経路である「ファンスクロール」にプラズマ放電の一種「ストリーマ」をあてることで、より清潔な空気を送れるようになりました。

ケン編集長

ファンを清潔にすることで、より綺麗な空気を期待できますね!

【違い3】オプションの「壁掛けキット」で壁掛けできる

3つ目は、新型モデル「ACB50Z」では、壁掛けで設置するための壁掛けキットに対応しました。

ケン編集長

旧型モデルでも使えるかどうかは不明ですが、壁掛けキットの対応機種リストには記載されてないので、壁掛けしたい方は新型モデルをおすすめします。

まとめ

新型モデルの違いまとめ
  • 【違い1】「抗菌プレフィルター」を搭載
  • 【違い2】ファンスクロールの除菌機能を搭載
  • 【違い3】オプションの「壁掛けキット」で壁掛けに対応

新型モデル「ACB50Z」と、旧型モデル「ACB50X」を比較してみました。

デザインも変わらず、性能や機能もほとんど変わらないのですが、「プレフィルター」と「ファンスクロール」に除菌機能がプラスされて、より清潔になりました。

あとは壁掛けの対応ですね。

ケン編集長

フィルターとファンスクロールがより清潔にはなりますが、その他の性能はほぼ同じなので、安く販売されている旧型モデル「ACB50X」も十分におすすめです!

「ACB50Z」がおすすめの方
「ACB50X」がおすすめの方
  • プレフィルター、ファンスクロールが、より清潔なほうがいい
  • 壁掛けにしたい
  • 安く購入したい
開催中のお得なキャンペーン
  • Kindle Unlimited】最大3ヶ月無料キャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最大5ヶ月無料キャンペーン!
  • audible最大3ヶ月無料キャンペーン!※7月22日まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次