【違い】MC-NS100KとMC-NS10Kの新旧モデルを比較!おすすめは?

記事内に広告が含まれます。

Panasonicのセパレート型コードレススティック掃除機に、待望の新型モデル「MC-NS100K」が登場!

この記事では、旧型モデル「MC-NS10K」との違いと、どちらを購入しようか迷われている方に向けておすすめ品を解説していきます!

この記事でわかること
  • 「MC-NS100K」と「MC-NS10K」の違い
  • 「MC-NS100K」と「MC-NS10K」はどちらがおすすめか
目次

Panasonic「MC-NS100K」と「MC-NS10K」の共通の特徴

  • ダストボックスが本体から分離されたセパレート式のため、本体重量は0.45kgと軽量
  • 掃除機に溜まったゴミは、充電台でもあるクリーンドック内の紙パックに自動で収集され、ゴミ捨ては約50日に1回
  • からまないブラシで、髪の毛がからみにくい
  • クリーンドック内の紙パックにはナノイーXを搭載し、ゴミを除菌・脱臭。また紙パックを交換する際にも、ナノイーXが放出されるため、お掃除の際にも清潔な空気を保てる

「MC-NS100K」と「MC-NS10K」は、ダストボックスが本体から分離しているため、本体は軽量かつスリムなデザインを実現。

また溜まったゴミは毎回充電台内の紙パックに自動で収集されるため、従来のスティック掃除機のように自分で毎回捨てる手間も必要ありません。

「MC-NS100K」と「MC-NS10K」の違いをチェック

MC-NS100KMC-NS10K
集じん方法スティック:紙パックレス式
クリーンドック:紙パック式
スティック:紙パックレス式
クリーンドック:紙パック式
集じん容積スティック:0.05L
クリーンドック:0.8L
スティック:0.05L
クリーンドック:0.8L
スティック運転時間HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
スティック充電時間約3時間約3時間
運転音スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65~約27dB
スティック:72~約64dB
クリーンドック:約69~約27dB
ゴミ収集時の音を一時的に止めるモード掃除機の電源ボタンの長押し充電台のボタンを長押してから、掃除機をセット
ノズルタイプ・パワーノズル
・からまないブラシ
・自走式ノズル
・壁ぎわ集じん
・パワーノズル
・からまないブラシ
・自走式ノズル
・壁ぎわ集じん
フローリングの菌までふき掃除
クリーンセンサー
アイドリングオフ機能
充電方式クリーンドック(充電スタンド)クリーンドック(充電スタンド)
ゴミすてスティック本体のゴミすて不要/紙パック交換スティック本体のゴミすて不要/紙パック交換
クリーンドック紙パック式紙パック式
ナノイーXによる除菌&脱臭ナノイーXナノイーX
電池交換ドライバー不要で簡単ドライバーが必要
本体寸法
(幅x奥行x高さ)
スティック時:213×130×1,045mm
クリーンドック:134×282×417mm
スティック時:213×130×1,030mm
クリーンドック:134×282×417mm
重量スティック時:1.5kg
クリーンドック:3.0kg
スティック時:1.5kg
クリーンドック:3.0kg
付属品・付属ノズルすき間用ノズル
S型紙パック(1枚)
すき間用ノズル
S型紙パック(1枚)
発売時期2023年11月2021年10月

新型「MC-NS100K」と旧型「MC-NS10K」の違いをまとめました。

比較して変わった箇所を赤文字にしています。

【違い1】クリーンドックの騒音が少しだけ静かに

画像引用元:Panasonic
MC-NS100KMC-NS10K
スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65~約27dB
スティック:72~約64dB
クリーンドック:約69~約27dB

掃除機内部に溜まったゴミをクリーンドックに収集する際に、掃除機と同等の騒音が発生します。

そのクリーンドックの騒音が、4dbほど下がり、少しだけ静かになりました。

ケン編集長

ちなみに掃除機自体の騒音は、新型も旧型も変わりません。

【違い2】ゴミ収集時の音を一時的に止めるモードが、掃除機本体のボタンから可能に

画像引用元:Panasonic

クリーンドックへゴミ収集音を一時的に止めるモードが旧機種からありましたが、このモードの使い方が変更。

旧機種「MC-NS10K」では、クリーンドックのボタンを長押しする必要がありましたが、新型「MC-NS100K」では、掃除機のボタンから操作することが可能になりました。

【違い3】フローリングの菌までふき掃除

画像引用元:Panasonic

ヘッドに内蔵されたイオンプレートによりマイナスイオンを発生させ、プラスに帯電したハウスダストや菌を拭き剥がします。

ケン編集長

静電気でくっついた埃などに効果がありそうですね!

【違い4】電池の交換がドライバー不要で、簡単に交換できるように

画像引用元:Panasonic

バッテリーを交換では、従来は交換するのにドライバーが必要でしたが、新型モデルではドライバー不要で簡単に交換できるようになりました。

複数のバッテリーを交換しながら長時間使いたい方以外は、基本的には取り外すことはないと思うので、こちらはあまり気にしなくてもいいかなと思います。

その他の変更

  • スティックの長さが少し伸びた(1,030mm→1,045mm)
  • ヘッドの色が少し変更

見た目は変わってないようにも見えますが、スティックの長さが15mm程度長くなり、またヘッドの色もクリアーパーツから、本体同色のホワイトに変更されています。

他にも違いはあるかもしれませんが、筆者が調べて見つけれた違いは以上となります。

まとめ

「MC-NS100K」がおすすめの方
「MC-NS10K」がおすすめの方
  • クリーンドックの騒音が少しでも静かなほうがいい
  • マイナスイオンで床が除菌&くっついた埃が取れやすいほうがいい
  • ヘッドの色が統一されて、よりシンプルなデザインがいい
  • 複数バッテリーを交換しながら、長時間利用したい
  • 在庫品や中古品で安く購入したい

新型「MC-NS100K」と旧型「MC-NS10K」の違いをまとめてみました。

基本的にはそこまで大きな違いはありませんが、クリーンドックの騒音が少し抑えられたりなど、細かなアップデートがいくつかされ、使いやすさに磨きがかかっています。

個人的には、そこまで変わっていないので、在庫品などで安く購入できる場合は旧型「MC-NS10K」がおすすめだと思いましたが、一つでも新型モデルの変更点が気になった場合は新型「MC-NS100K」がおすすめではないでしょうか。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次