LG「27UL850-W」が登場!旧型「27UK850-W」との違いを解説

記事内に広告が含まれます。

LGからUSB-Cで接続できる4Kモニター「27UL850-W」が登場しました!

USB-C対応のため、「MacBook」などのUSB-C対応パソコンとUSB-Cケーブル1本で繋げられるので、ケーブルをすっきりできるモニターです。

そして「27UL850-W」は、旧型「27UK850-W」の新型に当たる機種なので、新型は何が変わったのかも調べてみました!

目次

LG「27UL850-W」の特徴

  • 27インチ4Kモニター
  • HDR 10、VESA DisplayHDR™ 400に対応
  • HDRの映像に相応しいIPSパネル
  • ハードウェアキャリブレーションに対応
  • USB Type-C端子を搭載
  • MaxxAudioに対応した 5W+5W の高出力なステレオスピーカー
  • 目に優しい「ブルーライト低減モード」「フリッカーセーフ」を搭載
  • AMD社のFreeSync対応

27インチの4Kモニターで、HDR、IPSパネルに対応しているため、動画や画像を美しく表示できます。

そしてUSB-C端子搭載のため、1本のケーブルでデータ転送だけでなく、映像・音声データの転送、モバイル機器の充電(最大60W)に対応します。
また、ダウンストリーム(USB3.0)を2ポート搭載し、USBハブとして使用できるため、キーボードやHDDとの接続にも使えます。

「MacBook」「MacBook Pro」などのUSB-C搭載のノートパソコンとの相性が素晴らしいディスプレイです。

旧型「27UK850-W」との違いは?

「VESA DisplayHDR 400」に対応していることくらい?

新型「27UL850-W」では、VESAが策定したHDR規格「VESA DisplayHDR 400」に対応しました。

これはピーク時に400cd/㎡の高輝度なバックライトを搭載していることを示しています。

標準輝度は350cd/㎡です。

旧型の「27UK850-W」も標準輝度が350cd/㎡ですが、ピーク時の輝度は記載されていません。

新型のほうが明るくなった可能性もありますし、もしかしたら旧型でもピーク時に同じくらいの輝度が出せていた可能性もありえます。

そしてカタログを比較しましたが、そのくらいしか新型と旧型の違いがわかりませんでした…

まとめ

  • USB-C対応で、MacBookとの相性がいい
  • 新型は特に目立った違いはなさそう

「MacBook」などのUSB-C対応のパソコンなら、USB-C接続できるディスプレイがおすすめです。

ケーブルが一本だけでよくなるだけでなく、パソコンの給電もディスプレイからされるので、コンセントも1つでよくなります。

またパソコンを持ち出すときも、ケーブル一本の脱着だけでいいので、めちゃくちゃ簡単です。

そして新型「27UL850-W」は、旧型「27UK850-W」と比べても特に目立った変化がないので、今は値下がりしている「27UK850-W」がおすすめだと思います!

並びに、USB-Cなどが省かれた「27UL650-W」も登場しましたが、こちらも旧型の「27UK650-W」とはあまり変わらなそうです。


投稿が見つかりません。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次