【iPad mini】5つのキーボードで検証!使いやすいおすすめはどれ?

記事内に広告が含まれます。

iPad mini用にキーボードが欲しいけど、種類が多すぎて、どれを買ったらいいのかわからない…

そんな悩みをお持ちの方のお役に立てないかと思い、iPad mini大好きブロガーの僕が5つのキーボードを実際に使って比較検証。

実際にiPad miniで使いやすかったキーボードをランキング形式で紹介していきます!

追記:これまでiPadで日本語配列のキーボードを使おうとすると一部のキーボードを除き、英語キーボードとして認識される仕様でした。iPadOS 16.1以降は日本語キーボードとして認識され、記号の位置などがずれることなく入力できるようになりました。

目次

iPad mini (第6世代)で、実際に使って検証したキーボード

スクロールできます
キーボード言語マルチペアリングスタンド重さ
実測値
価格
Magic KeyboardJIS/US230g10,000円〜
Logicool「KEYS-TO-GO」US185g8,000円〜
logicool「K380」JIS ※約415g
電池含む
4,500円〜
iClever 「IC-BK08」US196g5,000円〜
キーボード一体型ケースUS392g3,300円〜

実際に検証に使ったキーボードは、こちらの5つのキーボード!

一般的なキーボードだけでなく、折りたたみができるモバイルキーボードや、純正のキーボードケースのようなキーボード一体型ケースといった、少し変わったキーボードも使ってみました。

iPad mini 6で使いやすいと感じたおすすめのキーボードランキング

【1位】Apple「Magic Keyboard」Macと同じ感覚で使える!

iPad mini Magic Keyboard
このキーボードの特徴
  • Apple純正のMac用キーボード
  • JIS配列、US配列が選べる
  • iPadでもJIS配列として使える唯一のキーボード
  • 意外と軽くて持ち運びしやすい
タイピングのしやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
持ち運びやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
タブレットとしての使いやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

ダントツで使いやすいと感じたのは、Apple「Magic Keyboard

これは本当使いやすいです。

iPad mini Magic Keyboard

実際にタイピングしてみると、MacBookでタイピングしているのとほぼ同じ感覚で打てるので、最も快適に入力ができました。

ケン編集長

MacBookユーザーの方は違和感なく使えるので非常におすすめです!

iPad mini Magic Keyboard

あと意外にも携帯性にも優れています。

重さは230gとなかなか軽量ですし、薄いので、iPadと合わせて持ち運んでもかさばりにくいです。

ケン編集長

Magic Keyboardを選べば、まず失敗はないです!

【2位】logicool「KEYS-TO-GO」薄くて重ねて持ち運びしやすい

iPad mini KEYS-TO-GO
このキーボードの特徴
  • LogicoolのApple製品向けキーボード
  • スマートフォン用スタンド付属。iPad miniもギリギリOKでした
  • 薄く、軽量で持ち運びに最適
タイピングのしやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
持ち運びやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
タブレットとしての使いやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

2位は「KEYS-TO-GO」!

Phone/iPad専用として開発されたキーボードです。厚さがたったの6mmと、とっても薄いので、iPadに重ねて持ちびやすいがポイント。

US配列のみですが、「cmd」「option」などのキーがMacと同じ。

キーボードは音のほとんど出ない特殊なキーを採用しているので、静かな場所でも使いやすいです。

iPad mini KEYS-TO-GO

6mmとかなり薄いので、iPadに重ねて持ち運びやすく、携帯性が最も優れていると感じました。

重さも185gと最も軽量です。

iPad mini KEYS-TO-GO

付属のスタンドを用いれば、iPad miniなら立てかけることも可能です。

Smart Folioなどのスタンド機能あるケースを使ってない方にもおすすめ。

iPad mini KEYS-TO-GO

ただし打ち心地はかなり癖があり、人によっては受けつけない可能性もあります。

凹凸のないキーボードなのでミスタイプしやすく、キーを押し込むと、ぐにゃぐにゃとした打鍵感で、慣れるまではなかなかうまく入力できませんでした。

また日本語配列(JIS)ではなく、英語配列(US)になるので、記号の位置などが大幅に異なります。普段US配列を愛用している方であれば問題ありません。

慣れてきたらそこそタイピングできるようになりましたが、打ちやすさを重視する方は他のキーボードのほうがいいと思います。

ケン編集長

携帯性は抜群に優れているので、この打鍵感に慣れさえすれば、なかなかいいキーボードです。

【3位】logicool「K380」マルチペアリング対応でPCやスマホと共有しながら使える

iPad mini K380
このキーボードの特徴
  • 5000円前後で購入できるコスパキーボード
  • マルチペアリング対応で、パソコンなどと共有できる
  • バッテリーは乾電池
タイピングのしやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
持ち運びやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
タブレットとしての使いやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

3位は、logicool「K380」です。

価格も5,000円前後で購入できるコスパのいいキーボード。3台までのマルチペアリングに対応し、簡単に切り替えできるので、PCやスマホなどと共有しながら使うこともできます。

以前は、Apple純正キーボードといった一部のキーボード以外では、日本語配列のして認識されず、正しい記号の位置で打てない仕様でしたが、iPadOS 16.1以降では他社メーカーの日本語配列のキーボードでも正しく認識されるようになりました。

弱点としては重さが「約415g」とやや重たいこと。iPadと合わせるとそこそこ重くなってしまうので、持ち運びやすさを求める方は他のキーボードのほうがおすすめです。

【4位】iClever 「IC-BK08」折りたたみで小さめなバッグにも入る

iPad mini IC-BK08
このキーボードの特徴
  • 3つ折りできる最もコンパクトなキーボード
  • トラックパッドも搭載
  • マルチペアリング対応で、スマートフォンなどと共有できる
タイピングのしやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
持ち運びやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
タブレットとしての使いやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

4位は、iClever 「IC-BK08」折りたたみキーボード!

折りたたみ型で、トラックパッドも搭載されているキーボードです。

このトラックパッドはiPadでも使うこともできます。

トラックパッドの搭載されてない、さらに小型のモデルもあるので、不要ならそちらもおすすめです。

iPad mini IC-BK08

折りたたむと、他のキーボードとは比較にならないくらいコンパクトになるので、小さめのバッグでも収納できます。

iPad mini IC-BK08

キーボードのサイズはやや小さめですが、16.5mmのキーピッチなので、サイズのわりには打ちやすいです。

押し込んだ時の打鍵感もよく、意外とタイピングしやすいと感じました。

US配列なので、JIS配列の方は慣れる必要はあります。

iPad mini IC-BK08

このトラックパッドについては、iPad miniでもカーソル操作ができるのですが、スクロールのときの感度が悪く、あまり使いやすいとは言えませんでした。

これなら、直接画面をタッチ操作するか、別にマウスを用意したほうがいいと思います。

【5位】「キーボード一体型ケース」キーピッチが小さすぎて打ちにくい…

iPad mini キーボードケース
このキーボードの特徴
  • iPadをノートパソコン風にできるキーボード一体型ケース
  • Apple Pencilを収納できる
タイピングのしやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
持ち運びやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD
タブレットとしての使いやすさ
BAD
1
2
3
4
5
GOOD

最後は「キーボード一体型ケース」でした。

ロマンのあるキーボードケースではありましたが、キーが小さくて打ちにくく、さらにiPadの軽快さを犠牲にしてしまうという点で、正直微妙でした。

iPad mini キーボードケース
iPad mini キーボードケース

慣れれば快適に打てるようになるかもしれませんが、キーピッチがかなり狭い…

iPad mini キーボードケース

ただしキーボードとiPadが1つにまとまるので、重量はそこそこありますが、持ち運びはしやすかったです。

iPad mini キーボードケース

キーボードを後ろに裏返すことで、装着した状態のままiPadを手で持って使うことも可能です。

ただ重たいので、長時間の作業には向きません。

あとApple Pencilの収納もできます。

ケン編集長

慣れる自信があり、小型PCが好きな方にはいいと思います!

【まとめ】個人的に最もおすすめなキーボードは「Magic Keyboard」

iPad mini Magic Keyboard

5つのキーボードを、iPad mini (第6世代)で使ってみて、最も使いやすいと思ったのは「Magic Keyboard」でした。

MacBookとまったく同じ感覚でタイピングができて、意外にも、小型かつ軽量で持ち運びもしやすいので、iPadでも本当使いやすいキーボードです。

iPad miniと合わせて小型のキーボードにも惹かれましたが、やはり打ちやすさが犠牲になってしまうので、個人的にほとんどが微妙でした。

ただMagic Keyboardは、マルチペアリングに非対応なため、Macと使い分けるときは、その都度再ペアリングが必要になります。お金はかかりますが、もう1つMagic Keyboardを用意しておけばその手間が省けるのでおすすめです。

iPadの最安値と安く買う方法

iPadが安く購入できるお店の価格調査と、1円でも安く購入する方法をまとめました!安く購入したい方はぜひご覧ください。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次