【比較】29WP500-B、29WL500-Bは何が違う?

記事内に広告が含まれます。

LGのウルトラワイドディスプレイの「29WP500-B」「29WL500-B (Amazon限定モデル)

どちらも同じ商品にも見えますが、少しだけ異なる部分があります。

この記事ではそれぞれの違いと、購入するならどちらがおすすめなのかまとめました!

「29WP500-B」がおすすめの方
「29WL500-B」がおすすめの方
  • HDRなどで、少しでも明る表示を楽しみたい
  • HDCP2.2に対応した機器を使いたい
  • 安く購入したい(セールで安く購入できる場合)
目次

LG「29WP500-B」「29WL500-B」違いを比較

スクロールできます
29WP500-B29WL500-B
画面サイズ29インチ29インチ
パネルIPSIPS
表面処理ノングレアノングレア
解像度2560×10802560×1080
輝度250 cd/m2
280 cd/m2(ピーク時)
250 cd/m2
コントラスト比1000:11000:1
最大表示色約1,677万色約1,677万色
視野角178° / 178°178° / 178°
HDR10
リフレッシュレート最大75 Hz最大75 Hz
応答速度5ms(GtoG)5ms(GtoG)
色域sRGB:99%sRGB:99%
FreeSync
フリッカーセーフ
映像入力端子HDMIx2HDMIx2
ヘッドフォン出力
HDCPHDCP2.2HDCP1.4
スピーカー
左右角度調整
ピボット機能(回転)
スタンド高さ調整
チルト機能-5° ~ 15°-5° ~ 15°
VESAマウント
付属品電源コード
HDMIケーブル
電源コード
HDMIケーブル
発売2021年5月2020年8月
リンクAmazonAmazon

29WP500-B」「29WL500-B (Amazon限定モデル)」の比較表を作りました。

比較して、優っている部分を赤文字にしています。

【違い1】ピーク時の輝度

29WP500-B29WL500-B
輝度250 cd/m2
280 cd/m2(ピーク時)
250 cd/m2

画面のバックライトの明るさに少し差があります。

標準の輝度はどちらも「250cd/m2」で同じですが、29WP500-Bはピーク輝度が「280 cd/m2」

HDRなど一部の場面でより明るく表示することができます。

【違い2】HDCPのバージョン

29WP500-B29WL500-B
HDCPHDCP2.2HDCP1.4

著作権保護機能のHDCPのバージョンも異なります。

普通にパソコンに接続して使う場合は意識しなくていいですが、HDCP2.2は4Kチューナーなどにも対応しているので、TV視聴にも使いたい場合は「29WP500-B」がおすすめです。

まとめ

「29WP500-B」がおすすめの方
「29WL500-B」がおすすめの方
  • HDRなどで、少しでも明る表示を楽しみたい
  • HDCP2.2に対応した機器を使いたい
  • 安く購入したい(セールで安く購入できる場合)

全体的にスペックもほとんど同じですが、ピーク時の輝度と、HDCPのバージョンが少し異なります。

同じ価格で購入できるなら、29WP500-B」のほうが少しだけ性能が高いのでおすすめです!

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次