「MX ANYWHERE 3 for Business」の違いを解説!

記事内に広告が含まれます。

Logicoolのコンパクトハイエンドマウスの「MX ANYWHERE 3」

ところが「MX ANYWHERE 3」には、ビジネルモデルと呼ばれる「MX ANYWHERE 3 for Business」というモデルも存在します。

この記事では、「MX ANYWHERE 3 for Business」は、普通のモデルと何が違うのか、どちらがおすすめなのかを紹介します!

ケン編集長

同じ商品と思いきや、少し違うので、購入する際は注意です!

目次

MX ANYWHERE 3には、「MX ANYWHERE 3 for Business」というビジネスモデルも存在する

logicoolのハイエンド小型マウス「MX ANYWHERE 3」には、「MX ANYWHERE 3 for Business」というビジネスモデルも販売されています。

見た目は同じように見えますが、多少違うのでチェックしていきましょう。

また「MX ANYWHERE 3」は10,000円くらいで購入できますが、「MX ANYWHERE 3 for Business」はそれよりも数千円高めです。

「MX ANYWHERE 3 for Business (ビジネス用)」の変更点・違い

【違い1】USBレシーバーが「logi bolt」に変更された

MX ANYWHERE 3
for Business
MX ANYWHERE 3
USBレシーバーLogi BoltUnifying
Bluetooth対応対応

まず、USBレシーバーが「logi bolt」に変更されています。

「logi bolt」はUnifyingよりもセキュリティが強化されたUSBレシーバー。

ところが「logi bolt」と「Unifying」は、まったく異なるUSBレシーバーで、互換性もありません。

  • 「Logi Boltレシーバー」で、「Unifying」の機器は使えない
  • 「Unifyingレシーバー」で、「Logi Bolt」の機器は使えない

つまり、従来の「Unifying」のマウスやキーボードを、「Logi Bolt」のレシーバーで使うことはできませんし、その逆もできないんです…

パソコンに「logi bolt」と「Unifying」のUSBレシーバーを2つ挿せば使うことはできますが、2つもUSBポートを使ってしまうことになります。

ケン編集長

Bluetooth接続で接続する場合は、どちらでもBluetooth接続できるので、気にしなくてOKです!

【違い2】「MX ANYWHERE 3 for Business」は「ローズ」カラーが選べない

MX ANYWHERE 3 for BusinessMX ANYWHERE 3
・グラファイト
・ペールグレー
・グラファイト
・ペールグレー
・ローズ

カラーバリエーションも少し異なります。

MX ANYWHERE 3 for Businessでは、「グラファイト」「ペールグレー」のみで、ピンク系の「ローズ」が選べません。

ケン編集長

ローズのカラーが欲しい方は、「MX ANYWHERE 3」を選びましょう。

【違い3】「MX ANYWHERE 3 for Business」は簡素なパッケージ

「MX ANYWHERE 3 for Business」は簡素なパッケージになっています。

「MX ANYWHERE 3」は高級感のある豪華なパッケージですが、「MX ANYWHERE 3 for Business」では茶色パッケージ。

ケン編集長

パッケージは簡素ですが、高級感ある本体はそのままなのでご安心を…!

「MX ANYWHERE 3」と「MX ANYWHERE 3 for Business」どっちがおすすめ?

「MX ANYWHERE 3」がおすすめの方
「MX ANYWHERE 3 for Business」がおすすめの方
  • 安く購入したい
  • Bluetoothで接続する
  • USBレシーバーは「Unifying」で問題ない
  • カラー「ローズ」がほしい
  • USBレシーバーは「logi bolt」を使いたい

「MX ANYWHERE 3 for Business」と「MX ANYWHERE 3」の違いをまとめましたが、購入するならどっちがおすすめなのかまとめました。

おすすめは、USBレシーバーは「logi bolt」を使いたい方以外の方は、一般モデルの「MX ANYWHERE 3」をおすすめします。

「logi bolt」対応のキーボードを使っていて、マウスと揃えたい場合などの場合は、「MX ANYWHERE 3 for Business」になると思いますが、Bluetooth接続・従来の「Unifying」で問題ない方は「MX ANYWHERE 3」で問題ありません。

ケン編集長

僕が調べた中では、2000円程度「MX ANYWHERE 3」のほうが安く購入できるので、コスパもいいです!

「MX ANYWHERE 3 for Business」の違いまとめ

  • USBレシーバーが「logi bolt」に変更された
  • カラー「ローズ」が選べない
  • パッケージが簡素
  • どちらもBluetooth接続できる
  • 一般モデル「MX ANYWHERE 3」のほうが安く購入できる

USBレシーバーが異なり、Unifyingの互換性もないので、購入するときは注意しましょう。

あと他に大きな違いは価格です。「MX ANYWHERE 3」のほうが流通が多い関係もあり数千円ほど安く販売されています。

ただしどちらもBluetoothには対応しているので、Bluetoothで繋ぐ場合は安く購入できる普通の「MX ANYWHERE 3」のほうがおすすめです!

通常のモデル

ビジネスモデル

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次