【iPad】文字を大きくして読みやすくする方法【見にくいときに試して】

記事内に広告が含まれます。
  • 「iPadの文字が小さくて読みにくい」
  • 「iPadの文字が大きすぎて画面が狭く感じる」

と感じることはないですか?

実はiPadの文字サイズは変更することができるので、文字のサイズで悩んでいる方は、サイズを変更することで解決できます。

今回は、iPad(iPhone)の文字のサイズを変更する方法をまとめみました!

目次

iPadの文字サイズの変更設定(システム全体)

 「設定」アプリを開きます。

「画面表示と明るさ」を選択します。

「テキストサイズを変更」を押します。

文字サイズを変更できるスライダが表示されるので、ここを左右に動かすと、文字のサイズが変更できます。

設定の画面ですが、最小と最大で比較すると、結構文字のサイズが変わります!

iPadの文字サイズ変更設定(Safari)

SafariのURL左側に「ぁあ」と書かれたボタンがあるので、押します。

ブラウザの表示サイズのメニューが出てきます。

「100%」と表示されていれば、標準のサイズで表示されているという意味で、左右の「あ」を押すことで表示倍率を変更することができます。

  • 左の小さな「ぁ」を押すと、表示が小さくなる
  • 右の「あ」を押すと、表示が大きくなる

画面に表示できる情報量が結構変わります。大きくすると文字が見やすくなりますが、その代わりに一度に表示できる文字数は減ります。

小さくすれば、文字は小さくなりますが、情報量は増えます。

まとめ

  • 文字のサイズは自由に調整できる
  • 文字を大きくすると、見やすくはなるが、情報量が減る
  • 文字を小さくすると、文字は小さくなるが、情報量が増える

iPadの文字サイズの変更する方法をまとめてみました!

この方法はiPadだけでなく、iPhoneでも使える方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次