【オーディブル】「audible.co.jp」と「amazon.co.jp/Audible」の違いは?

記事内に広告が含まれます。

Amazonの、読書を朗読して聴かせてくれるサービス「Audible

「読書をしたいけど、なかなか読む時間がない」という方も多いですが、Audibleを使えば、本を音声で読み聴かせてくれるので、本を手に持って読む必要は一切ありません。

そのため通勤や、家事、ジョギングなど、何かをしながらでも同時に読書をすることができる夢のようなサービスなんです。

さらに最近Audibleは刷新され、月額費1500円で12万以上の対象作品が聴き放題になりました!

ケン編集長
あれ?Audibleのウェブサイトって、2種類あるけど、何か違うのかな…?
目次

オーディブルには、「audible.co.jp」と「amazon.co.jp/Audible」の2種類ある

少し気になったのが Audibleには、以下2つのURLが存在することです。

  • https://www.audible.co.jp
  • https://www.amazon.co.jp/Audible-オーディオブック

「audible.co.jp」は独立したウェブサイトで、「amazon.co.jp/Audible」はAmazonのサイトの中にあるウェブサイトになります。

結論としては、どちらも同じサービスで、どちらで登録しても一緒です!

\ 初めてなら30日間無料体験 /

2つある理由は、途中でAudibleがAmazonの傘下になったから

なぜ2つあるのかというと、オーディブルが途中からAmazonの傘下になったからです。

最初は「https://www.audible.co.jp」のみだったのが、Amazonの傘下になったことで、Amazonのウェブサイト内でもある「https://www.amazon.co.jp/Audible-オーディオブック」からでもサービスが利用できるようになったからだと考えられます。

【結論】どっちも同じ!どちらで契約しても連動していてどちらからでも利用できる

そして本題の、2つのURLの違いですが、結論としてはどちらも同じです!

どちらともAmazonのアカウントを使ってサービスを利用するので、どちらから契約しても、双方のURLで利用でき、同じサービスを使えます。

ただウェブサイト上で利用する場合は、少し使い勝手が異なるので、簡単に紹介します。

「audible.co.jp」は、選んだ本をそのまま聴ける

「audible.co.jp」は、好きな本を選んで、そのままウェブサイト上から本の再生が可能です。

「amazon.co.jp/Audible」は、Amazonで買い物をするときと同じ感覚で本が選べる

「amazon.co.jp/Audible」は、Amazonのウェブサイトと同じとなっていて、Amazonで普段買い物をするときと同じ感覚で本を選べます。

ただしここではそのまま本を再生することはできないので、本を再生したいときは、スマートフォンなどのAudibleアプリを起動するか、 「audible.co.jp」のほうに移動して再生する必要があります。

ライブラリーなどは連動している

ちなみに、選んだ本も同じライブリーに登録されるので、好きなほうで選んでも大丈夫です。

まとめ

  • 「audible.co.jp」と「amazon.co.jp/Audible」は同じサービス
  • どちらで登録しても、どちらからでも利用できる
  • ライブラリーなどは連動している

Audibleには2種類のウェブサイトがあり、僕も最初は戸惑いましたが、結論としてはどちらも同じサービスです。

Amazonのアカウントで紐付いているので、どちらからでも同じサービスを利用できますし、ライブラリーなどの情報も連動しているので、好きなほうを使いましょう。

ちなみにスマートフォンのAudibleアプリは一種類しかないので、気にしなくて大丈夫です。

\ 初めてなら30日間無料体験 /

開催中のお得なキャンペーン
  • Amazon Music Unlimited最初の3か月無料で音楽聴き放題 ※5/7まで
  • Kindle集英社コミック50%ポイント還元セール+10点まとめ買いで2%還元 ※4/8まで
  • Amazon】毎日お得なタイムセール!人気商品が日替わりで登場

※一部、アクセス後にキャンペーンページが表示された方が対象

SHARE
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元家電量販店店員の30代。何でも比較するのが趣味。スマホはiPhone派。
家電やガジェットの比較やレビュー情報を主に発信しています!

目次